しみ抜き、仕上げ、洗い

 

しみ抜き

 
 
おきものの左衿の部分です。
 
ファンデーションのシミが
だいぶ濃く、ついています。
 
 
 
しみ抜きのプロがしみ抜きしていきます。
 
いろいろな溶剤を使います。
 
  
 
 
きれいに落ちました\(^^)/
 
時間が経つと、落ちずらくなって
 
しまいます。
 
 
 

洗い、 仕上げ ( ウェディングドレス編 )

 
 
 全体を点検し、衿ファンデーション部分、裾
 
引きずった部分などをササラ掛け。
( 竹のたわしで擦るように洗います )
 
45℃のお湯に洗剤と過酸化水素を投入!
 
 
真っ白になりました\(^o^)/
 
乾燥室で一晩中乾燥しましたので
 
翌日、仕上げていきます! 
 
 
仕上げ途中は企業秘密ですが、
 
全て手アイロンです。
 
重さ約2.3キロの業務用アイロンです。
 
スチーマーなどは使わずに手仕上げです。
 
 

洗い ( 化繊のきもの水洗い編 )

 
 
全体を水につけて、袖口から洗っていきます。
 
竹のササラに洗剤をつけ、丁寧に
 
汚れを落としていきます。
 
事前に全体を確認していますので、
 
シミを狙って落としていきます!
 
 
衿のファンデーション部分は
 
違う洗剤で洗っていきます。
 
水性の汚れ、油性の汚れ
 
どちらもこの作業で落としていきます。
 
 
これが手洗いの基本になります。

洗濯機や機械では洗わずに、手作業で

洗っていきます。最後は丁寧に水で流して

洗いは完成です。その後、仕上げの工程に

なります!

 
 
 
Facebookページでは動画も公開していますので、是非ご覧ください\(^O^)/